女の子 甘い 匂い 体臭

女の子の体臭が甘い匂いの時は医療機関で検査を受けてみましょう

スポンサーリンク

男性に比べると女性は男性ホルモンなどの分泌量が少ないため一般的には男性よりも女性の方が体臭が薄くなっています。

 

男性と女性と比較した場合、男性の体臭と女性の体臭ではその発生のメカニズムにいくつか異なる点があります。

 

男性の場合では男性ホルモンの活動により皮脂腺が活発に活動する結果として体臭がするようになりますが、女性の体から甘いに匂いがするのは女性ホルモンの影響と言われています。

 

女性ホルモンの活動は男性ホルモンほど活発ではないので、匂いがきつくならず甘く感じられるのです。

 

しかし適齢期前の女の子で香水や整髪料を使用していないのに、体から甘い匂いがする場合は注意が必要です。

 

体が甘く匂う場合は糖尿病やストレス、栄養失調などの可能性が考えられます。

 

体が甘く匂うからといって必ずしも病的なものとは限りませんが、周囲の人から甘い匂いがすると指摘を受けた時は、医療機関などで検査を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

適齢期を迎える前の女の子の体が甘く匂う場合は、医療機関で血液検査を受けてみるようにしましょう。

 

血液中に糖分が多くなると、通常はインスリンの働きにより血糖値が抑えられるようになっていますが、インスリンの働きが弱まったり糖尿病などに罹っていると血液中の糖分を上手く処理することができず、体が甘く匂うようになります。

 

またダイエットなどにより栄養バランスに偏りが生じると、体内のブドウ糖が不足し皮下脂肪をエネルギーとして利用するようになります。

 

しかし皮下脂肪はエネルギーとして利用しにくい物質なので、肝臓でケトン体と呼ばれる物質に変化します。

 

このケトン体が甘く匂う原因となるのです。

 

また、長期間ストレスにさらされた場合にもケトン体が増加します。

 

適齢期を迎える前の女の子の体から甘い匂いがしているときは、体質によるものなのか病気が原因となっているのかをはっきりとさせるため、医療機関で検査を受けてみるようにしましょう。

スポンサーリンク