体臭 ミルク 原因

体臭がミルクのように甘い匂いを発する原因について

スポンサーリンク

一般的に体臭についてはきちんとケアをしておくことによって、ある程度予防したり逆にいい香りをまとうことが可能となります。

 

しかし中には特にケアをしていなくても、ミルクのような甘い匂いを発してしまうことがあります。

 

このようなことが起こる原因として、大きく考えられる要素として糖尿病を発症している可能性があります。

 

糖尿病に発症することによって血糖値が高くなるため、それによってミルクのような甘い匂いを発してしまうことがあります。

 

そのため朝シャワーなどを浴びて対策を取っていても、病気自体を改善させない限りは解消されないことが多いです。

 

糖尿病の治療方法として内科を受診することで、適切な治療や薬などを処方してもらえることになります。

 

これを繰り返すことで甘い匂いを発しなくなるため、体臭についても気にならなくなることが多いです。

スポンサーリンク

 体臭がミルクのような匂いを発生させてしまう2つめの原因として、外出前に石鹸を使用していると起こることがあります。

 

主に牛乳石鹸と呼ばれている商品を使用していると、その影響が体臭にまで移ってしまうことがあります。

 

牛乳石鹸は添加物などがほとんど配合されていないため、肌が弱い方が使用すると大きなメリットが得られます。

 

しかし香りについては通常の石鹸よりミルクの匂いがするため、定期的に使用しているとそれが体臭になってしまうことがあります。

 

ですがこの場合には病気による原因や匂いではないため、それほど不快に感じるというケースも少ないです。

 

そのため病気でない場合については、無理に治したり改善したりする必要はないです。

 

なのでこれからも牛乳石鹸を使用しても問題ないため、この点が病気による匂いとは対応が異なっています。

スポンサーリンク